更年期の不眠とホットフラッシュ

更年期の不眠とホットフラッシュ

更年期,不眠,ホットフラッシュ

 

更年期は自律神経の乱れにより 寝つきが悪くなったり、ぐっすりと眠りにくくなりがちです。

 

これにホットフラシュが加わることで 夜にしっかり休めず、日常生活に支障が出てしまう方もいます。

 

就寝中でもカーッと熱くなり、汗が出て飛び起きてしまう、汗をかいたので着替えをしてまた寝ようとするけれどもあまり寝付けなくなる、、、などホットフラッシュだけでも 睡眠に影響を与えてしまいます。

 

夜の間に ゆったりと体を休めることができないと 日中の仕事や家事などが思うようにはかどらなかったりします。

 

また、睡眠不足は 自律神経をさらに乱れさせてしまう原因になるのです。

 

ただでさえ ホルモンバランスの影響で自律神経のバランスが乱れているところ、さらに悪循環になってしまうのですね。

 

夜にゆっくり休めないとなれば 更年期特有の疲労感やだるさなどが残りやすくなってしまいます。

 

 

白井田七の有効成分サポニンは、自律神経をサポートする働きがあります。

 

自律神経は血管の収縮・拡張のコントロール機能もありますので ホットフラッシュ対策にはサポニンは是非とも活用したい成分。

 

また、寝つきが悪くなるのも、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが乱れているのも影響しています。

 

白井田七のサポニンの効果で自律神経のバランスをしっかりサポートしてゆきましょう。

 

 

更年期の睡眠の工夫

 

更年期,不眠,ホットフラッシュ

 

更年期には自律神経の影響で寝つきが悪かったり、眠りが浅くなりやすくなります。

 

白井田七でサポニンをしっかり補給するだけでなく、ちょっとした工夫で 睡眠の質を上げることができます。

 

寝る前の時間の過ごし方を見直してみましょう。

 

寝るギリギリまでスマホやPCで神経を使うようなやり取りをしていたりしませんか?

 

目から入る映像などは刺激となり 交感神経を活発にさせていまいがちです。

 

ですので テレビなども眠る前1時間くらいはできるだけ見ないようにするほうがおすすめです。

 

入浴や運動も更年期対策にはおすすめですが、眠る直前の入浴や激しい運動は体温を上げてしまい寝つきを悪くさせてしまいます。

 

入浴でしたら眠る1時間前、運動でしたら それよりももっと早いタイミングで行うようにしましょう。