ホットフラッシュはいつまで続く?

ホットフラッシュはいつまで続く?

ホットフラッシュ,いつまで

 

ホットフラッシュはいつまで続くのでしょうか?

 

ホットフラッシュは更年期特有の症状。

 

更年期にはイライラ感やめまいなど様々な症状が出やすくなりますが、ホットフラッシュはより多くの方が経験すると症状と言われています。

 

そんなホットフラッシュは 一体いつまで続くのでしょうか?

 

ホットフラッシュは 閉経の前後10年間ほどの更年期期間中の 4〜5年間の間に起こりやすくなります。

 

具体的に何歳から何歳まで、となると個人差があります。

 

また、ホットフラッシュが起こる頻度なども 人により、あるいは年齢などにより異なります。

 

それこそ一週間に数回程度という場合もありますし、一日のうち何度もホットフラッシュがあるという場合もあります。

 

 

一日のうちに何度もホットフラッシュがあることで 何かと煩わしい思いをすることが増えてしまいます。

 

就寝中にホットフラッシュが起こることで 寝不足になったり、仕事中に大量の汗が出てしまいお客様を驚かせてしまったりと悩みは尽きませんね。

 

 

つい最近ホットフラッシュが気になるようになってきた、という方なら この後何年も続くと思うとゲンナリして

 

あと数年もホットラッシュが続くなんて!と嘆くことはやめましょう。

 

ホットフラッシュは様々な方法で対策することができます。

 

ホットフラッシュは更年期のホルモンバランスの急激な変化により自律神経が乱れることが原因。

 

自律神経には血管収縮をコントロールする働きがあります。

 

ですので この自律神経をケアすることがホットフラッシュ対策には欠かせないのです。

 

 

白井田七の主成分サポニンは、自律神経をサポートする働きがあります。

 

そのため 自律神経の乱れからくる様々な不調に効果が実感しやすいことで話題になっています。

 

また、最近発売された液体タイプの白井田七。甕(かめ)には ザクロやアサイーエキスといったポリフェノール成分も配合されています。

 

ポリフェノールにも血流サポート効果で知られていますので、より効果が期待できますね。

 

 

ホットフラッシュがいつまで続くのかと不安になったら まずは試してみることをおすすめします。