運動習慣でホットフラッシュ対策

運動習慣でホットフラッシュ対策

ホットフラッシュ,運動

 

軽い運動でホットフラッシュ対策をしてゆくという方法があります。

 

ホットフラッシュで顔やわきの下だけどっと汗が出てしまうという方は、運動で自然な汗を全身でかいておくことが重要になってきます。

 

運動は汗の出方のバランス改善になるだけでなく、ストレス解消にもなりますので是非とも取り入れるようにしてみましょう。

 

具体的にどのような運動が良いのでしょうか?

 

ある程度汗をしっかりかける程度の運動が理想的です。

 

運動が苦手、という方は まずは軽くウォーキングから始めてみましょう。

 

ウォーキングも一定速度で40分くらいかけて行うようにしましょう。

 

歩くことで動くのに慣れてきたら 走ってみるなどして負荷を上げてみるのもよいでしょう。

 

体を動かすのが好きな方は ジムでスタジオレッスンなどに参加して 汗をかきながら楽しむということもできますね。

 

ジムといえばサウナもありますが、高温のサウナの場合 汗がとまらなくなるなどデメリットになる可能性が高いので避けたほうがよいでしょう。

 

ぬるめのジャグジーにつかる、低温のミストサウナや ホットヨガでより自然な汗を出すようにするようにしてゆきましょう。

 

 

更年期の運動はさらなるメリットも

 

ホットフラッシュ,運動

 

更年期に運動習慣を持つことは、ホットフラッシュ対策だけでなく さまざまなメリットがあります。

 

更年期を迎える年代の女性は、全身の筋肉の量も落ちやすくなります。

 

そのため、代謝が落ちるのです。

 

更年期には体型が変わりやすい原因は様々ですが、この代謝が落ちやすくなるというのも影響を与えています。

 

ですので 定期的な運動で筋肉量のキープと、カロリー消費はしておくに越したことはありません。

 

肥満防止になるだけでなく、生活習慣病の予防にもなります。

 

また、ランニングなどは 趣味で続けている方同士のサークルなども増えています。

 

このようなものに参加すれば楽しみながら続けることもできますね。

 

ランニングなどのやや強めの運動は 貧血などになりやすいという一面もありますので、食生活も注意するようにしましょう。

 

白井田七の有効成分サポニンには、造血作用をサポートする効果があることで知られています。

 

ホットフラシュだけでなく、貧血対策にも上手に活用することをおすすめします。